脱毛するときは注意して!脱毛後に起こりうる肌トラブル

crying-1315546_1280

ここ数年で企業や店舗も増え、通いやすくなった脱毛サロン。低価格なコースもある為、多くの女性が脱毛サロンに通っているのではないでしょうか。でも、「生まれつき肌が弱いし、肌トラブルになるのが怖いかも。」そうお考えの方も少なくないかもしれません。そこで、脱毛をすると起こりうる肌トラブルについて知って頂くために、ここでそのケースとケアの方法をご紹介したいと思います。

施術を受けた箇所が赤く腫れる

脱毛後に、施術を受けた箇所が赤く腫れる場合があります。これは、脱毛用の機械からでた光が熱を発するため、それにあたった箇所が軽度のやけどになった症状です。皮膚の薄い箇所や、比較的肌の弱い方はこの症状が強く出てしまうこともありますが、大抵の場合は、患部をしっかり冷やすことで症状を改善できます。

乾燥した感じになり、かゆみが出る

脱毛の施術を受けた箇所の肌が乾燥して、かゆみが出る場合があります。このような場合は、スキンケア用品などを使って保湿ケアを行うことで改善します。また、この症状が出ている間は極力患部に触れないように気をつけることで、早期改善につながります。

施術を受けた箇所が黒ずむ

脱毛の施術を受けた箇所がまれに黒ずんでしまうことがあります。これは、皮膚にメラニン色素の沈着が起きてしまった可能性があります。この場合の対処法としては、美白化粧品や黒ずみを改善させる医薬品を使用します。

毛膿炎になる

毛農炎とは、脱毛処理をした際などに、毛穴から細菌が入り込んで毛根の周囲に赤み・腫れ・化膿などの炎症が起こる症状です。にきびのように見える場合もありますが、大きく異なる点は、毛穴が角栓で詰まりそこに皮脂がたまる「にきび芯」が毛膿炎にはありません。この症状が出た場合は、患部を清潔に保ち、極力触れないように気をつけることで改善される場合がほとんどです。

まとめ

以上でご紹介したような症状は、軽度なものは通常の施術でも発生する可能性があります。トラブルを起こさないためには、施術後のアフターケアがとても大切で、施術をうけたサロンや医院から指定されたアフターケアの方法を守り、クリームなどを使ってしっかりと保湿をするようにしましょう。また、いずれの症状についても、適切な処置をしたにもかかわらず一向に改善されない場合は、直ちに医療期間へ行くことをおすすめします。