脱毛前と脱毛後のケア方法について教えるよ。

img_0277

「脱毛サロンに行こうと思うけど、どんなことにきをつければいいの?」初めて脱毛サロンに通おうと思っている方は、このような疑問を持つかと思います。そこで、スムーズに脱毛の施術を受けることができ、施術後の肌トラブルにもなりにくくする為に知っておきたい、脱毛前の準備と脱毛後のアフターケアについてご説明します。

脱毛施述前に準備すること

施術を受けるにあたって、気をつけなければならないのは以下のような点です。

施術を受ける前には自己処理を

施術の前日、または当日には、自己処理(ご自身で施術をうける箇所をシェービング)することを指定されている脱毛サロンが多いです。この準備を怠ると、せっかくの施術の時間を短縮してシェービングをしなければいけないうえ、場合によっては「施術不可」となってしう場合もあるので必ず自己処理を行って行くようにしましょう。

こんな状態のときは施術を受けられません

生理中

生理中は施術を断られるサロンがほとんどです。サロンによってはVIOなどのデリケートゾーンのみを避ければok、というところもありますが、施術自体がNGなところもあります。その場合は、せっかく行ったのに施術を受けられない、ということになってしまうばかりか、回数をムダに消化してしまったり、キャンセル料が発生してしまう場合もありますので、必ず事前に生理日を予測して予約するようにしましょう。

日焼けしている

脱毛サロンでの脱毛は、毛の黒い色素に反応して毛根の細胞を破壊します。そのため、肌が黒く日焼けしていると、肌に反応してしまい、火傷などになってしまう可能性があるため、ほとんどの脱毛サロンが日焼けしている方の施術は断っています。

脱毛サロンに行く予定がある方は、日焼けをしないように十分注意しましょう。夏場は日焼け止めで対策するなど、特に注意が必要です。

妊娠中

妊娠中も施術を断られます。脱毛の影響が胎児に及ぶということはないとされていますが、ホルモンバランスが不安定になっている状態では肌トラブルになりやすい、というのが主な理由だそうです。

その他

その他、肌荒れなどがひどい状態の場合も施術できない場合があります。日頃からお肌のケアはしっかりとしておきましょう。

脱毛施述後のアフターケア

無事施術を受けられたその後にも、後々肌トラブルなどにならない為に、以下のような点に注意する必要があります。

体温の上昇にご注意!

施術後はお肌が非常に敏感な状態になっているので、汗をかいたり体温が上がってしまう行為は避けましょう。サロンによって異なりますが、大半のところが控えるように指定してくるのは以下の行為です。

●施術当日はNG
・飲酒
・スポーツ
・日やけど止め/制汗剤の使用
・熱いお湯への入浴
・強い摩擦
●翌日以降もGN
・日焼け
・乾燥
・毛抜きやワックスでの自己処理
・摩擦

まとめ

せっかく楽しみにしていった先の脱毛サロンで残念な結果になってしまわない為にも、以上でご紹介した事項には十分に気をつけましょう。